トップ «前の日記(2007-06-11) 最新 次の日記(2007-06-14)» 編集

今日のなんでやねん


2007-06-12 [長年日記]

[Ruby] Daveのプレゼン資料

写真*1入りのやつ,欲しいなぁ.

*1 Matzの横にオレが写ってる写真

[Ruby] そういえばうちの会社の人でRubyKaigi2007に来た人いるんですかね

少なくともオレの顔見知りはいなかったと思う. なんだかちょっと悲しい. まずは地道にRuby普及活動から始めたい.

[Ruby] Ruby技術者認定試験

昨日のCTCのセミナ会場にRuby技術者認定試験の体験版のようなものが設置してあったので,試しに受けてみた. もちろん100点だが,あの設問はどうかと思う. ホントにこんなのを出してしまっていいのだろうか. 「Ruby技術者認定資格持ってます!」とか業務経歴書に書いてくるヤツがそのうち出てくるのかなぁ,と思うと正直複雑だ.

イマドキ,自分が作ったプログラムを簡単に世の中に公開できるんだから,それのURLを載せておいてくれた方がはるかにいいよなぁ. あとblogのURLとか.

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
おとーる (2007-06-12 18:14)

だったら、採用面接のときに、そう言えばいいんだよ。いままで書いたコードのなかで、コレは!と思うものを持ってきて説明してください、てね。書いてないヤツなぞ採らねばよろしい。ショボいコードでも、その熱意や説明の中に見えるコダワリとかに、見るべきものがあれば、採ってもいいだろ?今後の伸びしろってもんもあるんだし。<br><br>オレはUSでも何度か転職したが、ソフトウェアエンジニアとして応募したときには、常にコードを持ってこいと問われたぞ。そらもういろいろ持ってった。日本じゃそんなこと聞かれたこた〜ねぇ。そういう差は確かにすげえ感じるよ。ヘンなヤツがコード書く現場にマギレて来ても、スクリーニングできてねえ感がバリバリだ。

ただただし (2007-06-12 20:26)

日本では、面接官がコードを評価できません:-( >おとーる

おとーる (2007-06-13 12:01)

ぎゃぼ〜。そっそうか、人事部とか総務部の人とかが面接したりすんだもんねぇ。やっぱ、コード書きは徒弟制度で育てて口コミで紹介しあうというヤリ方しかないな。認定なんちゃらなんぞお笑いのネタにもなりゃしねぇ。認定する側はビジネスとして利潤を追及するためにやってる純然たる商売なんだし、認定される側は、単にそのお客さんて構図だろ。運転免許持っててもヘタクソもいれば事故るヤツもいる。医師免許持っててもヤブもいる。Ruby技術者認定資格を持ってても以下同文。



このへんで勘弁しといたる.


旧「なんでやねん」はこちら.
| 2001/01 | 2001/02 | 2001/03 | 2001/04 | 2001/05 | 2001/06 | 2001/07 | 2001/08/25まで |

リンク上等!

Junichiro Kita